女性の悩みを解決する鍵を知る│悩めるLADYお助け戦隊

様々な理由がある

安心して中絶手術を受けるための医療機関

宗教上の理由等で中絶手術に反対の人もいるが、現実問題として今の日本の社会の中では必要な処置です。金銭的理由や年齢的な問題、身体的理由など中絶手術を受ける人は様々な理由で処置を行いますが、問題となっているのは産婦人科医が減少していることで中絶手術を受ける場所が全国的に減少していることが挙げられます。首都圏などでは開業している産婦人科医が多いため中絶手術が必要な人は来院をすると処置してもらうことが可能です。しかし地方都市の場合地域に産婦人科医が無いため処置する場所を探さなくてはいけないという問題が起こっています。中絶手術には期限があり妊娠をしてある一定の期間が過ぎてしまうと処置を受けることが法律的にできなくなってしまいます。

産婦人科医の減少と国の政策

また中絶手術は女性の身体に大きな負担をかける処置のため、妊娠早期の段階に行う方が安全と言われています。妊娠期間が長くなるほど母体に与える影響はかなり大きなものになります。中絶手術は医師免許がある専門医のもとで行わなければ危険を伴う処置です。産婦人科医が減少していることは専門医が減っていることにつながり処置できる場所がなくなってきているのです。中絶手術は法的に認められている処置です。仕方がなく処置しなくてはいけない場合には安心して中絶手術を受けられる場所を全国的に確保する必要があります。そのために産婦人科医を増やすことが急務です。女性の身体を守る対策として国の迅速な対応が必要になっている日本の懸案事項です。